[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

月刊アイデアマンズブログ 2018年11月の人気ブログ記事は?MTDDC Meetup TOKYO 2018ではスポンサーとセッション登壇を行いました。

11月も終わり、師走に突入しますね。一年の終わりもヒタヒタと足音が聞こえてきますが、まだまだ年末に向けていろいろ興味を持っていきましょう!

2018年11月の人気ブログ記事

11月はMTDDC Meetup TOKYO 2018が開催され、Movable Type界隈もだいぶ盛り上がった月でしたね。弊社もスポンサーと登壇させていただきました。多くの方にお会いできて、よい一日を過ごすことができました。

弊社宮永の登壇内容は「画像」に関するセッションでした。非常に多くの方に聞いていただき、皆さまの役に立つなにかになれば幸いです。登壇資料などもブログに記載していますので、ぜひチェックしてみてください。

続いては、Google Speed Update以降、どのぐらい画像の転送量が変化したのかという記事です。2018年7月に実施されたGoogleの「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」というSEO関連の変更ですが、画像の転送量は世界で一気に変化が起こりました。

画像の遅延読み込みと画像軽量化を多くのウェブサイトが実施しており、今後も引き続き表示高速化の対応は重要になっていきそうですね。

無料のLightFile Simuratorでチェックしてみよう!どこまでJPEGが軽くなるかすぐにわかる!

LightFileは、画質をさげずに軽量化できるツールです。「どのくらい軽量化できるの?」というのを無料でチェックできるLightFile Simuratorがあるので、ぜひ利用してみてください。URLをいれるだけでかんたんにチェックできます。レポート結果をメールでほしい方は、メールアドレスを入れていただければチェック後にメールで通知します!

LightFile Simulator β版

LightFile Simulator β版

無料で使える画像最適化チェックシミュレータ。チェック結果がレポートになるので、URLを共有すればみんなでみれる。

最後に!

Movable Typeは、アイデアマンズでもプラグインを販売している静的パブリッシングなCMSです。CMSのツールとしては「静的パブリッシング」であることが特徴的であり、昨今のヘッドレスCMSなどとは大きく異なっています。Movable Typeは静的ファイルを出力するので、アクセス負荷への対策が容易というのが一番の長所なのです。

前へ前へ

CDNの料金を大幅コストダウン!AWS CloudFrontなどの従量課金型のCDNなら、LightFileの画像軽量化でグッとお得に!

次へ次へ

Pagespeed Insight で Lighthouse が利用されるように。表示速度は、より重要度を増す方向に。スコアアップした方法を公開しました。