[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

【事例紹介】スポーツ用品のミズノ様 Webの画像を 計-41% 軽量化 LightFileボットの導入で

日本のスポーツシーンを支えるミズノ様に、画像軽量化の自動化サービス「LightFileボット」を導入いただきました。

画像自動軽量化ロボット LightFileボット

以前より社内で画像データの軽量化に配慮

モバイルインターネットが主流の現在、ユーザーは毎月で限られた「ギガ」を割いてWebサイトを閲覧します。

言い換えるとユーザーはWebサイトの閲覧に少なからずコストを負担するのですが、多くの企業では通信の無駄を放置したまま、アクセスの増加を追求しています。

そんな中、以前から社内で画像データを軽量化することにより、ユーザーの通信負担に配慮していた企業がミズノ様です。

LightFileの理念である「画像データの自動最適化により社会全体の通信負担を軽減し、ユーザーの貴重な時間を尊重すること」にご賛同いただきました。

ご担当者にインタビュー!

ご担当者の多田様にお話を伺いました。

ミズノ株式会社 総合企画室 多田翔太 様
ブランド・コーポレートサイトのWebインフラおよびシステムの企画・運用を統括
www.mizuno.jp_.png
ミズノ様ブランドサイト ( https://www.mizuno.jp/ 2019年11月現在)

LightFileボット導入前のお悩みは何でしたか?

各担当者に対し、可能な限り画像データを軽量化するルールを定めていました。しかし担当者変更の際の引き継ぎや作業の工数を考えるとできるだけ自動化したいと考えていました。

また、画像データが本当に軽くなっているか、目視ではチェックが難しいという問題もありました。

画像軽量化を自動化して漏れなく実行したいと考えていました。

LightFileボットを選択する決め手となったのは?

コストが安く費用対効果が高かったこと、どのくらい軽くなるか事前に診断してもらえたこと、導入が容易だったことが決め手です。

アイデアマンズ注釈 LightFileにはWebページの画像がどのくらい軽量化できるか、無料ですぐに確認できるシミュレーターが用意されています。この記事をお読みの方もぜひ自社サイトでお試しください!


全体では-41%画像データが削減(2019年11月実績)されました。想定に対していかがですか?

想定以上の削減率に驚いています。

各担当者には今も可能な限り、画像データを軽量化してもらっています。そこから更に-41%も削減できているのは効果が高いと思います。

インフラの面でも、Webサーバーのディスク容量を節約できたことや、通信量が減ってネットワーク速度が安定したことも大きなメリットでした。

導入や運用の手間はいかがですか?

導入作業は半日もかからないくらいでした。指定されたIPアドレスからのみ接続できるアカウントを発行しただけです。

普段の運用でも何も気にせず軽量化してもらえるので手間いらずです。

アクセスログに影響は見られたでしょうか?

導入前後で訪問(セッション)あたりのPV数が増加しました。一方で滞在時間は減少した傾向が見られます。

ページの読み込み速度が早くなったため、短時間で目的を達成できるようになった可能性もあるのではないかと思っています。

数ミリ秒でも早くコンテンツを表示することでサイトの回遊が増え、よりミズノの事を知ってもらえる機会になれば嬉しく思います。

これから画像データの軽量化に取り組まれる方にひとこと

導入も簡単で、費用対効果の高いLightFileボットはおすすめです!


多田様、インタビューへのご協力ありがとうございました!

個人的なランニングシューズが以前からミズノです。たまに走る程度なので近くのお店で買いやすく、リーズナブルな選択肢も多いというビギナー丸出しの理由からですが...

シューズの利用者として、ミズノは軽い・速いというイメージであって欲しいです。本当にわずかですが、Webの軽さ・速さに貢献できたと想像するとひときわ嬉しく感じます。

ミズノ様に導入いただいた画像軽量化の自動化サービスLightFileボットについて詳しくはこちらをご覧ください。

前へ前へ

MTDDC Meetup 2019でPageSpeedスコアの話をします