[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

ほとんど元画像と変わらない!ファイルサイズよりも最も劣化が少ないキレイな画質をみて、ファイルサイズを削減!

f:id:ideamans:20170822110554j:plain

LightFile Coreは、ファイル削減機能よりも注目されている機能があります。それは、

画質の劣化が最も少ない状態で、ファイルサイズを削減する

というもの。

単純にファイルサイズの削減をするのであれば、画質を気にせずにどんどん荒くすれば大きく削減できます。でもそれでは、あなたのウェブサイトにある素晴らしい商品の魅力が正しく伝えることができません。荒れた画像を見た瞬間に、商品の素晴らしさは半減してしまうことでしょう。

どうやって劣化を調整しているの?

LightFile Coreは、「視覚に現れる劣化をアルゴリズムに」しています。あたかも人の目で見ているかのように、機械的ではなく視覚に現れる劣化に感じる部分をアルゴリズムで計算し、その中で最も劣化が少ない結果を選択します。

一度処理をして完了!というタイプのものではなく、複数枚生成して、それらを比較して決定する!というプロセスがあるのが特徴です。

プロセスの簡単な流れ

f:id:ideamans:20170822114209j:plain

LightFile Coreは、以下のような流れで処理をおこなっています。

  1. 画像ファイルが追加(変更)されたことを検知
  2. 複数枚の圧縮率が異なる画像を生成
  3. その中で、劣化が最も少ない画像をピックアップ
  4. ファイルサイズを削減した画像を決定!

これらの処理は、人間の手を介さずにすべて自動で行われるので、ミスや漏れは発生しません。とっても楽ちんなのです。

AWS S3に画像をおいていること、JPGファイルに限定していること、というような制限はあるのですが、

  • 複数枚の軽量化画像を比較し、最も劣化が少ないものを選択する
  • 全自動で行われる

というのは、本プロダクトだけかもしれません。

ご興味のある方は、お問い合せください!(^-^)

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。


前へ前へ

サポート終了予定のお知らせ「KeitaiPost for Movable Type」

次へ次へ

60%以上の軽量化も!iPhoneで撮影した風景写真を、LightFile CoreでJPGダイエットしてみた