[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

スマホ表示の最速王決定戦!CMSプロレス vol.03は、とにかく速い人が勝つ!

スマホ表示の最速王は誰なのか。土曜日に勝利したものが最速王になる。

今週土曜日に開催されるロフトワークさん主催の「第3回CMSプロレス ウェブサイト表示速度 最速王者決定戦」に、アイデアマンズも参加してきます!

イベントの参加レポートはこちら

2018-02-15-cmsprowrestling03-01.jpgイベントの公式サイト。今回が第3回目。

計測方法は、GoogleのTest My Siteで速いほうが勝ちというシンプルさ

2018-02-15-cmsprowrestling03-02.jpgTest My Siteの計測結果画面。改善ポイントをメールで教えてくれます。便利。

対決方法や条件は公式サイト側に記載があるので、ざっくりとまとめたポイントをまとめます。

  1. CMSは必須
  2. イベント当日は、CMSから画像を更新して対決
  3. Test My Siteは気まぐれ。計測タイミングで結果が異なる謎仕様

CMSプロレスなので、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が必須となります。現時点で公表されている参加予定のCMSは以下のとおりです。

  1. Hugo
  2. Craft CMS
  3. concrete5
  4. WordPress
  5. Movable Type

新進気鋭のCMSや、静的サイトジェネレータ、エンタープライズ向けなど、趣向異なるCMSが参加しています!WordPressのスマホ高速化は興味のある人が多いのではないでしょうか?

計測はGoogleが提供する計測ツール「Test My Site」で計測です。

Movable Type × LightFileで参戦します

CMSは、シックス・アパート社のMovable Typeを選び、イベントに参加します!アイデアマンズは、多数のMTプラグインをリリースしていることもあり、ほかのCMSに比べMovable Typeの知見が多いのも理由の1つです。

今回は、静的パブリッシュのほうが相性がよさそうという雰囲気もあります。

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。

そして、画像最適化には弊社のLightFileを採用しました!ファイルサイズ削減という部分では、TinyPNGとほぼ同レベルの性能ですし、さらにSSIM(画質評価指数)を用いた画質判定を行うので、画質面ではLightFileの方が上と考えています。

イベントは2月17日(土) 15:00開始、会場はLoftwork COOOP

すでに残席のこりわずかとなっています!参加者以外にも、審査員にはGoogleのシニア・サーチ・エバンジェリストの方や、CMSといえばこの人という藤田さん、会場を提供していただいているロフトワークのテクニカル・ディレクター大森さんなど、一気に知識のインプトッが増えそうな雰囲気です!ご都合が会うかたはぜひ!会場でお会いしましょう!

最後に

第1回、第2回とMovable Typeが勝利しているこのイベントですが、Movable Typeの3連覇なるか?!ほかのCMSもかなりの実力者揃いで、3連覇を阻む勢いを感じますね!

Test My Siteですが、ほんとに計測結果がバラバラなんです。4秒以上結果が異なるケースも...。ある意味、もっとも運がある人が勝つのかもしれません。なお、Google Pagespeed Insightだと加減点せいっぽいので一定な結果になります。

前へ前へ

(アジア現地調査:1回目はほぼ食レポ)タイに行ってきました!

次へ次へ

「*ひだまりさん日記*」「higuchi.com blog」:Ranklet活用事例