[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

簡単にSSIMを計算するツール6+2本を紹介

先日、画質の判定方法としてのSSIMについて記事を公開しました。

画像軽量化サービスやツールをSSIM値とファイルサイズで比較してみよう!まずは無料のWebサービス版で試して、効果を実感することが大切!

実際にSSIMを算出するいくつかの方法について、Qiitaに記事にツールと使い方をまとめてみました。

[Qiita] 画像のSSIM算出のための6+2ツールまとめ

  • コマンドラインツール: ImageMagick、ffmpeg、Jpeg Archive、dssim
  • スクリプト言語: Python、JavaScript
  • Webツール: Image SSIM (このページですぐSSIMを試せます!)

SSIMは万能薬ではないが画質の基準がないサイトも多いのが事実

人間の視覚は身体的・心理的な要因を持つ深淵なはたらきです。錯視とか毎回笑ってしまうほど面白い!

なので完全な指標はそもそもないのだと思います。しかし、大規模サイトで多くの関係者が各々の主観で画質を決め、画質がバラバラになっているケースは少なくありません。

SSIMなどの指標を用いて画像の品質を定量的・客観的に管理できれば、そのWebサイトは一歩先行く存在と言えます。

前へ前へ

OGP画像の指定には、<meta property="og:image" content="OGP画像のURL">と指定しよう!

次へ次へ

アイデアマンズの日々変化するDI(ダイナミックアイデンティティ)