[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

月刊アイデアマンズブログ 2018年9月の人気ブログ記事は?LightFile for Dropboxのデビューもあったり、スマホでページを見ると6.88円もかかるというお話など

9月も終わり、そろそろ秋を感じたいところですが、まだまだ暑いですね。でも秋も冬もすぐそこまできてるはず!食欲の秋が楽しみですね!

2018年9月の人気ブログ記事

だいぶ固定記事がランキングトップに座り続けているので、この月刊アイデアマンズブログも毎月同じ感じになってきてしまいました。ということで、今回からは、前月〜今月に公開した記事の中から、人気のあるものをピックアップすることにしました。

今回の一番人気は、SVGのブラウザ対応状況の記事です。SVGは画像の種類ですが、XMLで情報を持っています。そのため、イラストレータなどからパスデータで書き出すことで、ファイルサイズがぐっと軽量化されるようになります。ウェブサイトのロゴデータやアイコンなどは、SVGがおすすめです。もちろん透過にも対応してますよ!

続いては、画像の表示の大きさのお話です。ファイルサイズは重さを表現することが多いのですが、画像の表示サイズによってもファイルサイズは大きく異なります。軽いJPEGでもかなり差が出ますし、PNGの場合さらに顕著にファイルサイズの重さが違うのです。

お次も表示サイズのお話です。Retinaディスプレイ対応で倍角の画像サイズを作ることも増えてきていると思います。そんなとき、どのぐらい表示サイズとファイルサイズが違うのか、説明できるといいですよね。わかりやすく比較してみたので、ぜひチェックしてみてください!

無料のLightFile Simuratorでチェックしてみよう!どこまでJPEGが軽くなるかすぐにわかる!

LightFileは、画質をさげずに軽量化できるツールです。「どのくらい軽量化できるの?」というのを無料でチェックできるLightFile Simuratorがあるので、ぜひ利用してみてください。URLをいれるだけでかんたんにチェックできます。レポート結果をメールでほしい方は、メールアドレスを入れていただければチェック後にメールで通知します!

LightFile Simulator β版

LightFile Simulator β版

無料で使える画像最適化チェックシミュレータ。チェック結果がレポートになるので、URLを共有すればみんなでみれる。

最後に!

重たい画像も、時間をかけて待っていれば表示されます。でも、待っていますか?他のサイトに同じものがあれば、そっちを見に行くことも多いです。ユーザーは検索やSNSのシェアから情報にたどり着いたり、ニュースから飛んできたりします。自社だけでなく、常に競争の中にいる状態であり、表示速度が速いということは、ユーザーにとってメリットが高いと言えると思います。

画像の表示サイズやファイルサイズ、ぜひ気にしてみてください。

前へ前へ

「Jpegの品質は85がおすすめ」をデータで検証する

次へ次へ

正式版になった日本語Google Fontsは表示の高速化を期待できる