[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

「Jpegの品質は85がおすすめ」をデータで検証する

以前のブログ記事でも触れましたが、GoogleのWebパフォーマンス改善ガイドではJpegの品質は85(以下)にすることを推奨しています。

画質85がよいという記事をみたので、LightFileの処理と比較してみた。画像軽量化は、画質とのバランスの戦いなのだ。

85を超えると急激に容量が増え、その割に画質は大きく改善されないという性質が理由です。

Jpegを保存するときに指定するお馴染みの「品質」ですが、どのくらい実際の品質を表すものなのか、データを集めて検証してみました。

お客さんに画像について説明するときや、社内ルールの制定に役立つのではないかと思います。

Jpegの品質はどのくらいあてになるのか

ダイジェスト

  • 品質が同一でも、画像の乱雑さ(↔平坦さ)が強いほどファイルサイズは大きくなる
  • 品質が同一でも、画像の乱雑さ(↔平坦さ)によって元画像との差分が増え実際の画質が低下する
  • 品質85〜87くらいからファイルサイズが急に大きくなる
  • 品質90くらいで画質の低下度合いが急に安定する
  • 品質100は非常に非効率

chart01.pngchart02.png詳しくはQiitaに掲載した記事をご覧ください。

Jpegの品質はどのくらいあてになるのか

前へ前へ

アイデアマンズの日々変化するDI(ダイナミックアイデンティティ)

次へ次へ

月刊アイデアマンズブログ 2018年9月の人気ブログ記事は?LightFile for Dropboxのデビューもあったり、スマホでページを見ると6.88円もかかるというお話など