[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

月刊アイデアマンズブログ 2018年10月の人気ブログ記事は?Googleフォントは軽量化版を使って軽くしよう!

10月も終わり、だいぶ秋っぽくなってきましたね!暑い日もありますが、朝晩は冷え込むこともあるので体調に気をつけましょう!

2018年10月の人気ブログ記事

今回も前月〜今月にかけて人気の記事をご紹介したいと思います!

今回の一番人気は、Google Fontの日本語版で、正式リリースされた方法で読み込むことでウェブフォントの「軽量化&高速化」ができるよ!という記事です。Google Fontは非常に多くのサイトで利用されており、Noto Sansを利用しているサイトも多いのではないでしょうか?しかし、やはり2MB以上読み込んでいたため、ダウンロードに時間がかかっていました。

ぜひ軽量化&高速化された読み込みにして、閲覧者の負荷を少しでも下げるようにしましょう!

続いては、SNS投稿時に力を発揮する「OGP画像」の設定の仕方に関する記事です。多くのサイトで紹介されているのですが、弊社ではランキングツール「Ranklet」を提供していることもあり、ブログに書かせていただきました。OGP画像がないと、SNS投稿時や拡散時に残念な見た目になってしまうので、オウンドメディアを展開している方だけではなく、すべてのウェブ担当者の方にOGP画像は重要!と伝えたいです。

お次は、画像軽量化ツールをSSIM (Structural similarity) 値で比較した記事です。どの軽量化ツールも「圧縮率」で画質を決定することになるのですが、その「画質」を比較するための数値としてSSIMというものがあります。一般的には、圧縮率を決めて処理すれば終わるのが画像軽量化。しかし、弊社の画像軽量化ツール「LightFile」は、とにかく「画質」にこだわっていて、他のツールと比べてどうかというのを調べてみました。

画質ではJPEGminiがやはり高画質です。しかしファイルサイズが重いのです。LightFileなら、SSIM値ベースでJPEGminiよりも高画質で軽量化することができちゃいます!

無料のLightFile Simuratorでチェックしてみよう!どこまでJPEGが軽くなるかすぐにわかる!

LightFileは、画質をさげずに軽量化できるツールです。「どのくらい軽量化できるの?」というのを無料でチェックできるLightFile Simuratorがあるので、ぜひ利用してみてください。URLをいれるだけでかんたんにチェックできます。レポート結果をメールでほしい方は、メールアドレスを入れていただければチェック後にメールで通知します!

LightFile Simulator β版

LightFile Simulator β版

無料で使える画像最適化チェックシミュレータ。チェック結果がレポートになるので、URLを共有すればみんなでみれる。

最後に!

今回は番外編のご紹介です。AWSのS3というストレージサービス、利用していますか?無料でも利用できるCyberDuckでS3に接続する方法をご紹介します。画像軽量化ツール「LightFile」には、AWS Lambdaで動作するバージョンがあるので、S3に画像を保存しているシステムであれば、ぐっと画像軽量化できちゃいますよ!

前へ前へ

2018年11月3日開催「 #MTDDC MEETUP TOKYO 2018」登壇のお知らせ

次へ次へ

#MTDDC Meetup TOKYO 2018 に登壇&協賛いたしました