[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

LightFile for Dropboxはクラウドネイティブでサーバーレス

内容は完全に技術者向けですが、LightFile for Dropboxがどんな技術を利用しているかをQiitaに書きました。

サーバーレスなDropboxアプリの構築例 "LightFile for Dropbox"

ITシステムの構築手法として耳にするようになった、クラウドネイティブサーバーレスという用語を紹介します。

クラウドネイティブ

クラウドネイティブとは - IT用語辞典 Weblio辞書

クラウドネイティブとは、クラウド上での利用を前提して設計されたシステムやサービスのことである。主に企業の基幹業務システムに言及する際に用いられる。

クラウド生まれ、クラウド育ち、友達はだいたい従量課金。

LightFile for Dropboxは、AWSが完全に管理するリソースのみを組みあわせて構築されています。ファイルストレージもDropboxです。

サーバーの負荷、ディスク容量、セキュリティなどシステム運用に伴う心配事はAWSとDropboxが引き受けてくれるのでほとんど発生しません。

コストのメリットもあります。もしユーザーがいなければ費用はほとんどかかりません。従来のシステムのように自分でサーバーを持ってしまうと、ユーザーがいてもいなくても一定の費用が発生します。

デメリットは、そのクラウドサービスに深く依存してしまうことです。例えば仕様変更に対応しないと運営に支障が出てしまいますし、値上げされたら短期的には従うほかありません。まさにベンダーロックインと同じです。

ITリソースも規模の経済が働く公共財になりつつあるのは時代の流れです。水道や電気のように自前の設備の方が珍しいケースになっていくと感じています。

サーバーレス

クラウドネイティブにも関連性がありますが、「特定のサーバーがない」という意味です。

ユーザーからのリクエストなど、出番となったタイミングでスタンバイしていた汎用的なサーバーに瞬時にアプリケーションがインストールされ、目的のプログラムが動作します。一昔前には考えられなかった手法です。

いかにも遅そうですが、やはり時間が空くと処理の開始まで待たされることになります。LightFile for Dropboxもトップページの表示が遅いときが多々ありますが、そういう理由です。改善の余地があります。

メリットは、いきなりユーザーが増えても対応できるところです。予備のサーバーがいつでも瞬時に手伝ってくれるからです。

もうひとつは障害復旧が早いことです。あるサーバーに障害が発生しても、すぐに他のコンピュータが代わりになります(アプリケーションの不具合はどうにもならないですが)。

従来の、特定のサーバーに時間をかけてアプリケーションをセットアップする方法と比べるとよくわかります。そのサーバーに障害が発生したらもう代わりがいません。入念なバックアップの準備が必要になります。

そして代わりがいないので、そのサーバーの能力がサービスの性能の限界になります。組織の属人性によく似ています

応答性の求められる機能はサーバーフル(?)、弾力性の求められる機能はサーバーレスというような使い分けが大切です。

前へ前へ

正式版になった日本語Google Fontsは表示の高速化を期待できる

次へ次へ

美容ブランドのECサイトが収益を倍増させた6つの変革にある「ページの表示」について考えてみよう