[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

通販サイトスマホトップには平均4.15MBの画像。画質を落とさず-41%削減可能。上位300サイトの画像軽量化シミュレーションを一挙公開

画像軽量化ソリューションLightFileは、実際にWebページで使われている画像データを解析し、ページ全体でどのくらい画像を軽量化できるか簡単に調査できるシミュレータがあります。

LightFile/WebPシミュレータ

このシミュレータを利用して、国内の通販上位300サイトについてシミュレーションを行った結果を一挙公開します。Webページのデータ量に関するベンチマークや提案資料としてご自由にお使いください。

通販上位300サイトのスマホトップページ画像軽量化レポート(共有Googleスプレッドシート)

report.png

ページ全体のデータ量は平均6.60MB、中央値5.06MB

ページ全体のダウンロードデータ量は平均で6.60MB、300サイト中150位にあたる中央値は5.06MBでした。

データ量5MB以下が軽いサイトのひとつの条件と言えそうです。

画像データが全体の62.9%を占める

Webページを構成するデータの中で最もデータ量が多いのが画像データです。

やはり通販サイトは特に画像の比率が大きく、今回の調査では平均で62.9%を占めています(通常はhttp archiveによると50%前後)。

データの絶対量を減らすためには、画像データへの対処を最初に検討しましょう。

画質を落とさず-41%削減可能。読み込み時間短縮と通信料金の還元を

LightFileを利用すると、知覚的な画質を落とさず画像データを平均-41%軽量化できるシミュレーション結果となりました。

これはモバイルの実効スループットを10Mbpsと仮定すると、-1.4秒の読み込み時間短縮に相当します。

また、ユーザーが負担するモバイル通信料金を1ページあたり最大4.8円も軽減します。

個別レポートでひとつひとつの画質をチェック

シートには、各ページの詳細レポートへのリンクを掲載しています。

詳細レポートページでは、ひとつひとつの画像について削減率を確認できます。

画素の差分や、スライダーを使った画質チェックも可能です。LightFileによる画質の維持能力をぜひ確認ください。

compare-diff.png

対象のサイトについて

以下の前提で対象サイトを選出しました。間違いなどあればご指摘いただけますと助かります。

  • 通販新聞社が提供する「第18回 ネット販売白書」(2018年7~8月調査・ネット販売企業上位300社)を利用し、300サイト(企業)を選出しました。
  • 複数のサイトを運営する企業の場合は代表的と思われる1サイトを選出します。
  • 自社で運営する公式通販サイト、なければ楽天などのモールの店舗とします。
  • スマートフォン向けのトップページを対象に調査します。
  • 「ベンチャービットスクウェア 杜の都@SHOP」はサイト閉鎖のために除外しました。
  • 「オズ・インターナショナルアイドラッグストアー」はCookieによる年齢認証にシミュレータが非対応のため除外しました。

指標について

対象のサイトについて掲載している指標は以下の通りです。

  • 売上順 ネット販売白書に基づく売上高の順位です。
  • データが軽い順位 ページ全体のデータ量に基づく順位です。1位が最も軽く、300位がこの中で最も重いサイトです。
  • ページ全体のデータ量 スマホ用トップページを表示したときにダウンロードされるデータ量の合計です。
  • 全体の読み込み時間目安 スマホトップ全体の表示にかかる時間の目安です。モバイルの実効スループットを10Mbpsとして試算します。
  • 最大ギガ料金 スマホトップを表示するためにユーザーが負担するギガ料金の目安です。NTTドコモのデータ定額プラン(1GB月額2,900円)を元に試算します。
  • 画像データ量 スマホトップで使われている画像データ量の合計です。
  • 画像データの割合 ページ全体に対し画像データが占める割合を示します。
  • 軽量化できる画像データ LightFileで軽量化できるデータ量です。
  • 軽量化による画像データ削減率 どのくらい画像データを削減できるか割合で示します。
  • 軽量化による読み込み時間の改善目安 LightFileによる画像の軽量化でどのくらい読み込み時間を短縮できるかの目安です。モバイルの実効スループットを10Mbpsとして試算します。
  • ギガ料金の節約目安 LightFileによる画像の軽量化でユーザーがどのくらいギガ料金の負担を軽減できるかの目安です。NTTドコモのデータ定額プラン(1GB月額2,900円)を元に試算します。

前へ前へ

Safari 12.1でも残念ながらWebPサポートなし。ついでに見出しを斜め読み

次へ次へ

ECサイトでPageSpeed Insightsスコア80なら偏差値70相当! パフォーマンス偏差値表(通販サイト編)を作ってみた