[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

WebP公式のPhotoshopプラグイン WebPShop登場

WebP開発チームによるPhotoshopプラグイン WebPShopが公開されました。

PhotoshopでWebPの読み書きができるようになります。

WebPShop  |  WebP  |  Google Developers

webpshop.png

手元のPhotoshopで試してみたのでその手順を紹介します。

ダウンロード

GitHubから一式ダウンロードして展開します。

webmproject/WebPShop: Photoshop plug-in for opening and saving WebP images

webpshop-download.png

インストール

PhotoshopのアプリケーションフォルダにあるPlug-insフォルダにプラグイン本体をコピーまたは移動するだけです。

macOSでは

bin/WebPShop_0_2_1_Mac_x64/WebPShop.plugin/Applications/Adobe Photoshop/Plug-insにコピーします。

webpshop-install.png

Windowsでは

Windowsではbin\WebPShop_0_2_1_Win_x64\WebPShop.8biC:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop\Plug-insにコピーします。

PhotoshopでWebPを開く

普通に開くメニューやドラッグ&ドロップでWebP画像を開けました。

webp-open.png

PhotoshopでWebPを保存する

書き出し系ではなく、保存別名で保存で行います。フォーマットWebPを選択できます。

webp-save.png

オプションは保存ボタンの後に表示されます。ロスレス圧縮するには、Qualityのレバーを右いっぱいに動かすようです。

webp-options.png

弊社でもWebページで実際に使われている画像をまるっとWebP変換するツールを提供しています。よかったらお試しください!

ページまるごとWebP変換・効果測定

前へ前へ

CloudFront料金早見表を作ってみた。月額10万円超えは何PVから?