[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

どんなCMSにもプラグイン不要でランキング設置!Google Analyticsのデータから自動生成して運用負荷の軽減とSEO改善を

こんにちは、タイトルは思いつきの活用ブログなのでちゃんとシリーズ化して継続できるか心配ですが、、これまであまりお知らせできてきていなかったサービスの細かいおすすめポイントなどをお知らせしていければと思っております。

では、まずは無料ページランキング サービスの Ranklet のおすすめ活用ポイントから!

ranklet_main.png

GoogleAnalyticsとの連携で誰でも導入しやすい!

最近ではもうほとんどのサイトには、Google Analyticsが導入されているかと思います。サイトの改善や効果測定などはもちろんそのGoogle Analyticsから検討されていますよね。そこでRankletでは日々の運用で主として使っているアクセス解析ツールのGoogle Analyticsデータをランキングのデータとしてベースとし、「どなたでも、いつでも簡単にはじめられるランキングサービス」となるようシンプルな機能と操作性を考え、サービスのご提供をさせていただいております。

名称未設定.jpgどんなCMS環境にでもいつでも始められる!

Movable Type や Wordpress などCMS環境をベースにしたサイトでは基本的にはDBにデータを保存しており、そこから静的/動的なサイトを生成していきます。そのDB内のデータからランキングを作成するプラグインもあり、管理画面をまとめたい場合などはCMS側のプラグインとして導入することも多いかと思います。

しかしGoogle Analyticsと同等のページ参照データをCMS側のDBに保管し、集計期間を設定し「月次」「週次」「日時」など異なった軸でランキングの元となるデータを生成するのはプログラムの開発が必要となってしまったり、"すでにあるCMSプラグインの機能の中で、表現できる指標からランキングを表示する" というちょっとコンテンツの作り方としては間違った方向で作らざるをえないケースがでてきてしまいます。

Ranklet であればそういった場合でも、Google Analyticsが設定されていれば簡単にランキングコンテンツをはじめることが可能です。
1度ランキングの指標を設定してしまえば、ランキングのもととなるデータはGoogle Analyticsが自動で集計しRanklet側で指定した指標で自動でランキングコンテンツは更新されます。

GoogleAnalyticsを活用するのでCMS側への開発作業は無し!設置もとっても簡単です。

Movable Type ではSixapart社が提供しているAWS環境でのAMIサービスや、他のクラウドサービスでもWordPressがプリインストールされているサービスも多くでているため、あまりサーバー側管理や日々の負荷を意識することは少なくなりましたが、ランキングの指標ももととなるデータはサイトへのアクセスの度に発生するため、普段の負荷に余計な負荷をかけないという点では、絶対に必要ではないプラグインはあえて外部サービスを使うというのもRankletがCMSユーザーさまからも使われている理由かと思います。

※Google Cloud PlatformでもWordPressがデプロイできる機能がリリースされていましたね。あとで使ってみたいと思います。
https://cloud.google.com/wordpress/?hl=ja

上記理由以外でも、

ランキングコンテンツは欲しいけど(予算がないので)サクッと実装して工数をかけたくない

とりあえず始めたいので、すぐに簡単にできるものがよい

などなど、コンテンツとして必要だけど開発としては優先度が下げられがちな「ランキング」のために、
プラグイン導入など不要で無料でスタートできる Ranklet を導入いただくことが増えてきております。

ユーザーさまも徐々に増えており、もう少しで 1,000ユーザー が達成できましたらキャンペーンなどの実施をさせていただければと思っております!

それではまた、活用事例などについてまとめてお知らせさせていただければと思います。

+++
CMSプラグイン不要で、Google アナリティクスからページランキングを作成できるサービス「 Ranklet 」まずは無料プランから!
ranklet.png

前へ前へ

速いは正義!dev.toにみるウェブページ表示高速化の画像最適化手法をみてみた

次へ次へ

画像を軽量化しよう!WordPressの人気画像最適化プラグイン「EWWW Image Optimizer」は、有料APIを利用すると本気になる?[JPGダイエット対決 vol.02]