どれもこれも使いやすい!外部サービスのウェブパフォーマンス計測ツールまとめ

ウェブパフォーマンスの計測ツールのうち、外部サービスとして利用できるものを3つ調べました。どれもこれも利用しやすいものなので、ぜひぜひ試してください。有料版でもトライアルがあるので、ササッとお試しできますよ!

エンジニアにお馴染みのNew Relic

エンジニアにお馴染みのツールなので、もしかしたらすでにサイトに導入されているかもしれません。とてもみやすく、わかりやすいです。社内に使っている人がすでにいたら情報交換もできるので、学習コストが低くなるかも?

Googleがサポートするオープンソース Web PageTest

こちらは管理ツールというよりは、都度都度アクセスして調べたい時に調べるタイプです。もちろんオープンソースとして提供されているので、自分で環境をホストして動かすことも可能。プログラムと組み合わせたり定期タスクと組み合わせれば、自動化もできるかもしれません。

Calibreは、スナップショットが動画なので状況がわかりやすい

ファーストペイントまでどのぐらい時間がかかるのか、なんと動画で見ることができます。○秒と聞いてもピンとこない人も多いので、動画を見ればどのぐらい時間がかかるのかすぐに体感できます。

他にも昔からある監視ツールや、Googleアナリティクスにも表示時間に関する項目があります。今使っているツールにも、ウェブパフォーマンスを計測するツールがあるかどうか、探してみましょう。

では!

前へ

「あなたのサイトは何秒?」というLTをしてきました。【MT東京−47】「常にカイゼン!成果を出すサイト構築・リニューアルのポイント」第41回オウンドメディア勉強会&【MT東京-47】 コラボ企画

次へ

無料でチェックしてみよう!異なる4つのウェブサイトでみる、トップページ表示に利用されているファイル種類の割合。