[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

PNGの軽量化はどうすればいいの?Macで利用できる無料のCrunchを使ってみよう!

最近はPNGの利用も増えてきて、ウェブサイトのファイルサイズを大きく圧迫する要因の一つになっています。なんといってもJPEGよりも2〜3倍近くファイルサイズが重いので、サーバのディスクも、閲覧者の端末も、なかなかキツイ状況になっています。特に「ギガ」がなくなるのは困っちゃいますね。

Macで利用できるCrunchで、PNGを軽量化しよう

2018-06-29-crunch-05-crunch.pngシンプルなUIなので、迷う心配はない

Windowsの人はごめんなさい。今回はMacでのみ利用できるアプリです。その名も「Crunch」です。コマンドライン版もあるので、そっちならWindowsでも利用できるかもしれません。

まずPNG専用ツールというのが、大きな特徴です。さらに、DSSIMという評価指数を利用しています。弊社のLightFileとそっくりなんです。LightFileはJPG専用、CrunchはPNG専用。LightFileはSSIM値で評価、CrunchはDSSIM値で評価。完全に兄弟みたいなのです。

勝手に親近感がわきましたが、実際に試してみましょう。

GitHubから入手しよう

Macのインストール用のファイルは、GitHubからダウンロードできます。

2018-06-29-crunch-01.jpgdmgインストーラがあれば、Macはダブルクリックでインストールができて簡単

インストールドキュメントを見てみましょう。dmgファイルのダウンロードと、実際の動作を見ることができます。

2018-06-29-crunch-02.jpgdmgファイルのダウンロードはこのリンクをクリック

2018-06-29-crunch-03-crunch.pngインストールの最後は、左のCrunch.appを、右のApplicationsにドラッグアンドドロップすればOK

PNG画像を最適化してみよう

それでは実際に最適化してみましょう。比較として、PNGの軽量化では有名なTinyPNGとの比較も行います。

2018-06-29-crunch-04-tinypng.png東京は今日梅雨明けが発表されたので、記念に海の写真で比較

ファイル名ファイルサイズ削減容量削減割合
元画像 1,200KB - -
Crunch 344KB 856KB 約71%
TinyPNG 325KB 875KB 約73%
JPEG(画質80) 287KB 913KB 約76%
上記のJPGをLightFile容量優先で処理 146KB 1,054KB 約88%

Crunchで処理した画像は、TinyPNGと比べても遜色がないくらいの削減を達成しています。無料版のアプリケーションで、デスクトップアプリケーションなので使いやすさは優秀ですね。ちなみに処理後の画像は、同階層に hogehoge-crunch.png といった感じで保存されます。リネームされたくない人にはちょっとつらいかもしれません。

なお、元画像をPhotoshopの画質80でJPEG書き出しすると軽量化済みのPNGよりも軽くなります。さらにその画像をLightFileで処理すると、軽量化済みのPNGの半分以下まで軽くなります。一概には言えませんが、透過がなく色数の多い画像は、PNGではなくJPEGを使うようにしましょう。もちろん、PNGの特性を理解している上でPNGを利用するのは問題ありません。

最後に

JPEGでもPNGでも、得意な画像と不得意な画像があります。さらに、その後に処理するアプリケーションにも得意不得意があります。Photoshopは非常に品質が高いので、これだけずっと支持され愛されています。LightFileはまだサーバでしか動かせませんが、得意の高画質で軽量化する処理を多くの人に利用いただきたいと考えています。軽量化しても高品質なことが重要と考えています。

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。

前へ

ロスレスもロッシーも選べる!Compressor.ioは、4種類の画像に対応する便利なWebサービス[JPGダイエット対決 vol.08]

次へ

月刊アイデアマンズブログ 2018年6月の人気ブログ記事は?MTDDC Meetup HOKKAIDO 2018と上場企業ウェブサイトのベンチマーク結果が人気!