SUV?それともスポーツカー?国産車メーカーのウェブサイトをチェックしてみたら、ホンダは画像軽量化が自動化されている?

夏休みも真っ只中ですね!旅行やドライブに行く方も多いのではないでしょうか?たくさんの荷物を積んでアウトドアを楽しんだり、プールでスライダーを楽しんだり、海で日焼けしたりと、夏を楽しんでいますか?

電車での旅も楽しいですが、車での移動も楽しいですよね。そろそろお盆休みになるので、帰省ラッシュもありそうです。でも、近年、だいぶ渋滞が緩和されてきている気もします。渋滞がなければ、車での移動は目的地まで行けるので便利です。

車のメーカーは、国内外を合わせると100社以上あります。有名なメーカーだけでも、30社以上ありますし、その中でも日本車は海外でも「低価格で高品質」というまさにJAPANブランドの象徴ともいえる存在です。日本に住んでいれば、日本車がすぐ手に入るというのは、非常に恵まれた環境なのです。

総ダウンロード容量は、最大 12.66MB、最小 6.25MB。多くのウェブサイトで、画像軽量化の効果は確実にでる。

2018-08-09-auto-mobile-01.jpg

世界に誇れるJAPANクオリティ。日本車は本当に素晴らしい乗り物です。

国内の乗用車メーカーの中から、9つのメジャーな企業をピックアップしました。その結果、半分以上のウェブサイトで、画像軽量化を行うことでウェブサイトの表示高速化ができる可能性がある事がわかりました。車種の多さや、コンテンツの多さ、自動二輪も扱っているなどの違いがありますが、すべての企業が大企業であるため、コンテンツボリュームが少ないということはありません。

9つの自動車メーカーサイトを対象として、そのウェブサイトをチェックしました。各ウェブサイトのトップページのLightFile Simulator結果は、以下よりご覧いただけます。

以下、サマリーになります。総ダウンロード量は、全体的に多めの印象がありますが、やはり文字よりも画像のほうが車の雰囲気も伝わるためでしょう。

対象総ダウンロード量総画像容量JPEG容量JPEG枚数LightFile効果
トヨタ 9.67MB 6.97MB 2.89MB 13 -2.02MB(-20.88%)
レクサス 9.33MB 7.35MB 6.94MB 73 -3.47MB(-37.22%)
日産 6.25MB 3.55MB 3.44MB 69 -1.84MB(-29.41%)
ホンダ 6.55MB 0.89MB 0.73MB 64 -0.04MB(-0.62%)
スズキ 7.52MB 1.90MB 1.87MB 33 -0.67MB(-8.72%)
三菱 12.66MB 8.00MB 6.54MB 46 -3.06MB(-24.17%)
マツダ 9.69MB 5.99MB 3.71MB 22 -1.36MB(-14.09%)
スバル 6.86MB 4.76MB 3.51MB 31 -0.42MB(-6.08%)
ダイハツ 8.91MB 4.68MB 2.68MB 7 -1.62MB(-18.23%)

※LightFileを実施した場合に効果が高いウェブサイトは、行の背景を緑にしています。

今回は、ホンダのウェブサイトが圧巻でした。JPEG画像が64枚 (この中で3番目に多い)なのに対し、画像軽量化がほぼ完璧に行われていました。PNG画像の利用も少なく、これ以上ないほどに軽量化されていたと考えられます。レーシングスピリッツの高さが有名なホンダですが、ウェブサイトのクオリティにもその精神は受け継がれているようです。

一部画像のみ軽量化されているケースもありました。また、全体的に軽量化が見込めるケースもあります。新車が出るタイミングや、マイナーチェンジ、キャンペーンなど、コンテンツが豊富にあるため、バナーなどの販促系の画像が多い印象があります。バナーは軽量化されていないことが非常に多いので、弊社のLightFileや、画像軽量化ツールで自動で軽量化することが重要です。

自動車メーカーのウェブサイトにアクセスする場合は、多くは「購入を考えている」ケースだと考えられます。金額的には非常に高価な買い物ですし、このコンバージョン率が高くなることは非常に重要です。スマートフォンでの表示高速化ができれば、潜在的な顧客がより一層、興味のある車の情報をみることが可能になります。新車はネットでは購入できないので、いかに情報を伝え、ディーラーに足を運んでもらうかが勝負になります。

最後に

今回はホンダのウェブサイトが非常に印象的でした。きっと画像軽量化が自動化されている (またはウェブサイトの素材が厳重にチェックされている) と考えられます。しかしこれは、ホンダだからできたことではなく、取り組もうと思えば誰にでで実施できることです。ぜひ、車の軽量化のみならず、ウェブサイトの画像も軽量化しましょう。

画像の軽量化は人間ではなくプログラムが行ったほうが効率がよく、LightFileは画質の判定も行うので、画質の心配もいりません。仕組み化して自動化することができるのです。

「ウチもチェックしてほしい!」という方は、お気軽にお問い合わせください!下のLightFileのフォームよりお問い合わせいただけます。

JPEG画像を多く利用している際の場合、LightFileなどの画像最適化ツールを利用することで、より軽量化することが可能です。軽量化すれば、閲覧者も表示を待たされることも軽減され、サーバ負荷もさげることができます。画像の不要なファイルサイズを削減して、より高速表示するようにしましょう。

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。

車というのは、思い入れが強い乗り物だと思います。自分も4台くらい乗り継いできていますが、どの車にも思い入れがあり、思い出があるものです。それ以外にも、モータースポーツも好きですし、モンスター田島さんのヒルクライムや、ティレルの中島さん、鈴木亜久里さんなどのF1ドライバー、直近では佐藤琢磨さんのインディ優勝、ルマンのトヨタ優勝など、数え切れないほどの記憶もあります。

これからも、素晴らしい車の誕生を楽しみにしています!では!

リクエストはこちらから

前へ

車の事ならなんでもカー用品店にお任せ!キャンペーンの更新頻度が高いウェブサイトは、まずバナー画像を軽量化しよう

次へ

ほとんどのウェブサイトが画像軽量化済みという驚きの結果!国外の車メーカー9社をチェックしてみた