[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

ほとんどのウェブサイトが画像軽量化済みという驚きの結果!国外の車メーカー9社をチェックしてみた

前回は国産の車メーカーを取り上げましたので、今回は国外の車メーカーを取り上げます。100社以上あるので、メジャーなメーカーをランダムでピックアップしました。車種の量が異なるケースもありますが、今回はそれ以上の驚きがありました。

国産車と比べると、価格が高い外車。メルセデス・ベンツやBMWのような高級車のほか、フォルクスワーゲンのような低価格車を扱っているメーカーもあり、購入を検討している人は「欲しい車はコレ!」という決め打ちで選ぶ方も多いのではないでしょうか。昨今は電気自動車へシフトしてきていますし、ハイブリッド車も増えています。

ウェブサイトを訪れる理由は国産車のケースと同じく、車の購入を考えている方がほとんどではないでしょうか。もしかすると、メンテンナンスで店舗を探しているケースもあるかもしれません。

総ダウンロード容量は、最大 10.6MB、最小 1.87MB。すべてのウェブサイトが画像軽量化済みだった。

2018-08-10-car-manufacturer-01.jpg

国産車と比べると個性的な車が多いのが特徴。デザインも魅力的なものが多い。

今回ピックアップしたウェブサイトは、すべて画像軽量化が実施済みということがわかりました。弊社のLightFileの「容量優先処理」をかけると、もう少し軽くすることができますが、どのウェブサイトも何かしらの画像軽量化処理が施されていました。対象は日本語ウェブサイトですので、本国のウェブサイトだとまた変わってくると思われます (レイアウト自体も異なるケースが多い)。

9つの国外の車メーカーサイトを対象として、そのウェブサイトをチェックしました。各ウェブサイトのトップページのLightFile Simulator結果は、以下よりご覧いただけます。

以下、サマリーになります。総ダウンロード量は、全体的に重くはなく、標準的な容量が多かったです。

対象総ダウンロード量総画像容量JPEG容量JPEG枚数LightFile効果
メルセデス・ベンツ 4.25MB 0.96MB 0.07MB 5 -0MB(-0%)
BMV 4.99MB 0.31MB 0.24MB 13 -0MB(-0%)
テスラ 1.87MB 0.18MB 0.18MB 4 -0.03MB(-1.83%)
アウディ 7.65MB 1.77MB 0.01MB 1 -0.00MB(-0.07%)
フォルクスワーゲン 5.5MB 1.42MB 0.66MB 27 -0.01MB(-0.34%)
ポルシェ 10.6MB 6.54MB 6.54MB 45 -1.72MB(-16.19%)
フェラーリ 6.59MB 0.14MB 0.12MB 4 -0.02MB(-0.33%)
プジョー 5.52MB 2.17MB 0.65MB 15 -0.05MB(-1.04%)
ボルボ 7.18MB 0.31MB 0.13MB 9 -0MB(-0%)

※LightFileを実施した場合に効果が高いウェブサイトは、行の背景を緑にしています。

すべてのウェブサイトが画像軽量化処理が入っていました。PNGも透過での利用が多く、一部でJPGに置き換えられそうなバナーなどがありましたが、全般的には軽量化されています。CMSや、何かしらの画像処理の仕組みが入っている可能性が見受けられたので、構築時も運用時も考慮されているのだと考えられます。

気になったのは「画質が悪いものがある」ということ。JPGの場合、ファイルサイズは画質を落とせば落とすほど軽量化ができます。しかし、画質が悪いと、見た時の印象もうまく伝わりません。「ディテールに神が宿る」というところまではいかないかもしれませんが、ボンネットなどの光の反射や、風景の映り込みなどは、もっと印象的であるほうが伝わりやすいと思います。

結果として非常に軽量化されているため、画像の表示で待たされることはないはずです。スマートフォンでのアクセスでも、スムーズに車の情報を得ることができでしょう。

最後に

国内の自動車メーカーのウェブサイトと比べると、画像軽量化については国外のほうがしっかりと対応されていました。グローバルと歩みを揃える必要があるなどの制約もあり、画像軽量化の仕組みがすでに導入されているとも考えられます。画質については気になるモノが多かったので、ぜひ圧縮率など見直してほしいです。

画像の軽量化は人間ではなくプログラムが行ったほうが効率がよく、LightFileは画質の判定も行うので、画質の心配もいりません。仕組み化して自動化することができるのです。

「ウチもチェックしてほしい!」という方は、お気軽にお問い合わせください!下のLightFileのフォームよりお問い合わせいただけます。

JPEG画像を多く利用している際の場合、LightFileなどの画像最適化ツールを利用することで、より軽量化することが可能です。軽量化すれば、閲覧者も表示を待たされることも軽減され、サーバ負荷もさげることができます。画像の不要なファイルサイズを削減して、より高速表示するようにしましょう。

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。

では!

リクエストはこちらから

前へ

SUV?それともスポーツカー?国産車メーカーのウェブサイトをチェックしてみたら、ホンダは画像軽量化が自動化されている?

次へ

2018年8月現在の WebP (ウェッピー)のブラウザ対応状況を確認してみよう。WebPはJPGにかわる軽量画像フォーマット。