[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

今日の3時のおやつは?オフィスでもついつい食べちゃうお菓子は、ダイエットの天敵!そんなお菓子のメーカーウェブサイトの画像軽量化状況をチェックしてみよう

NHKで人気の「筋肉体操」も盛り上がっていますし、ダイエットはとっても重要です!そんなダイエットの天敵ともいえるのが「甘くていい香りのお菓子」です。ついつい一口食べちゃったり、気がついたら一袋食べてしまっていたり...。みなさんの今日のおやつはなんでしたか?私はコリスの「フエラムネ」でした。そう、ピーピー笛になるラムネです。

このブログでも再三「JPGはダイエットすべきだ」とお伝えしているとおり、ダイエットは重要です。健康的な体であるために、しっかりと体調管理をしましょう。お菓子メーカーのウェブサイトはダイエットできているのか、調べていきましょう。

総ダウンロード容量は、最大 MB、最小 MB。どのウェブサイトも、画像軽量化でJPGダイエットしよう。

2018-09-04-okashi-01.jpg

もう秋冬になるので、チョコやマロンなどが美味しい時期ですね。

今回からサマリーの表を少し変更しています。LightFile効果について、「LightFile効果(ページ}」と「LightFile効果(JPG}」でわけています。「LightFile効果(ページ}」は今までの通り、ページ全体のファイルサイズから削減したファイルサイズとの割合を示しています。「LightFile効果(JPG)」は、実際にLightFileが処理した効果を見える化しました。いままでは、フォントや動画などの重いデータがある場合に、画像最適化してもあまり効果がないように見えてしまっていました。10MB近い動画データがある場合、画像で3MB削減してもページの割合としては効果が小さいとなってしまいます。そこで、画像最適化に絞った項目として「LightFile効果(JPG)」を追加しました。

さて、お菓子メーカーのウェブサイトですが、新商品のリリースやキャンペーンなどの販促情報が多いタイプです。そのため、画像軽量化の効果は高くなることが予想されます。

6つのお菓子メーカーサイトを対象として、そのウェブサイトをチェックしました。各ウェブサイトのトップページのLightFile Simulator結果は、以下よりご覧いただけます。

以下、サマリーになります。総ダウンロード量は、大きく差があります。

対象総ダウンロード量総画像容量JPG容量JPG枚数LightFile効果
(ページ)
LightFile効果
(JPG)
カルビー 8.67MB 3.95MB 3.76MB 75 -1.96MB
(-22.55%)
-52.21%
亀田製菓 7.21MB 6.47MB 6.44MB 90 -3.96MB
(-54.97%)
-61.14%
明治製菓 3.61MB 2.89MB 2.73MB 68 -1.28MB
(-35.44%)
-46.88%
森永製菓 1.66MB 1.35MB 1.17MB 16 -0.69MB
(-40.69%)
-58.97%
グリコ 5.64MB 2.45MB 1.87MB 48 -0.38MB
(-6.59%)
-20.85%
ロッテ 19.19MB 5.05MB 3.46MB 48 -2.19MB
(-11.43%)
-63.29%

※LightFileを実施した場合に効果が高いウェブサイトは、行の背景を緑にしています。

6社すべてのサイトで、JPG画像軽量化の効果がでることが「LightFile効果(JPG)」の列からわかります。最も軽量化されているグリコさんでも約20%の軽量化が可能であり、残りのウェブサイトでは45%以上の軽量化が可能です。販促バナーなどのクリエイティブ画像は削減効果が大きく見込むことができ、80%以上も軽量化できる画像もありました。

2018-09-04-okashi-02.jpg88.81%軽量化が可能な画像。画質が落ちやすいタイプ(不鮮明)のJPGなので、実際に画質を確認する必要がある。

また、ページ全体の削減割合でも、5社について軽量化が見込めます。20%以上の効果が見込めるウェブサイトが4つあり、なかでも40%以上の削減効果が見込めるのが2つあります。これらについて多いのは、新商品やキャンペーンが充実している場合や、画像最適化がほぼされていない、といったケースです。

せっかくの販促用のクリエイティブ画像ですので、画質を保ったまま軽量化を行い、より多くの人にサクサクと見てもらうことが重要です。とくにスライダーバナーなどは非表示のバナーも読み込まれるので、軽量化することでスライダー下部のコンテンツの読み込みが速くなります。

最後に

まずは、販促バナーをしっかりと画像最適化することが重要です。TinyPNGのWebサービス版は劣化が激しいタイプですが、しっかりと軽量化されるので効果をみるには最適です。画像には見た目にはわからない不要なデータも含まれています。Photoshopだけでは最適化はできないため、画像最適化ツールを利用するようにしましょう。

画像の軽量化は人間ではなくプログラムが行ったほうが効率がよく、LightFileは画質の判定も行うので、画質の心配もいりません。仕組み化して自動化することができるのです。

「ウチもチェックしてほしい!」という方は、お気軽にお問い合わせください!下のLightFileのフォームよりお問い合わせいただけます。

JPEG画像を多く利用している際の場合、LightFileなどの画像最適化ツールを利用することで、より軽量化することが可能です。軽量化すれば、閲覧者も表示を待たされることも軽減され、サーバ負荷もさげることができます。画像の不要なファイルサイズを削減して、より高速表示するようにしましょう。

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。

では!

リクエストはこちらから

前へ

東京6大学野球秋季リーグ戦が始まる!プロ野球と同じくらい盛り上がる大学野球は、プロへの道も!そんな出場大学6校のウェブサイトはどのぐらい画像軽量化されているか調べてみた

次へ

家族でも!グループでも!平日のランチでも!どんな時でも楽しい食事ができるファミレスの画像軽量化をチェックしてみたら、意外と差があった。