[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

平均的なモバイルページでも6.88円分のギガを消費するという話

以前、モバイルサイトのトップページは平均で2.43MBのデータ量があったという記事を書きました。

中には30MB近い超ヘビー級のサイトも存在しました。

この平均的なデータ容量のトップページを閲覧すると、ユーザーのデータ通信量がいくらかになるか考えてみました。

NTTドコモを例にすると、データ定額制の最低料金は2,900円。使えるギガは1GBとなります(2018年9月現在)。

1GB = 1024MBなので、1MBあたりは2.832円。

2.43MB × 2.832円 = 6.88円 (ページを閲覧するためのデータ通信料金)

意外と高い!

もし電話みたいに「このページを見るためには通信量が6.88円かかります」なんて最初に警告されたら、見る気が失せてしまいそうです。

サイトの軽量化は社会還元でもある

さて、ここでは問題提起のため一番高い料金クラスで計算をしました。

同じくNTTドコモの30GB定額だと月8,000円。1MBの単価は0.26円と、先ほどの例のほぼ1/10になります。家庭用のインターネット回線では制限が事実上ありません。平均するとデータ通信量はそこまで高くはないでしょう。

しかし重たいサイトは気づかぬうちに、ユーザーの金銭的な負担も増やしていることは事実で、そのことに敏感な企業は多くありません。

サイトの軽量化は離脱を防ぐ、満足度とコンバージョン率を上げるといった企業側のメリットもありますが、同時にユーザーの負担を軽減する社会還元でもあるのです。

前へ

画像軽量化サービスやツールをSSIM値とファイルサイズで比較してみよう!まずは無料のWebサービス版で試して、効果を実感することが大切!

次へ

AppleもHUAWEIも!スマホメーカーのウェブサイトは、新機種の紹介がたっぷり!画像軽量化しているかどうか、チェックしてみよう!