[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

Google #Squoosh (スクーシュ)を試してみたら、非常に高機能だった!一枚一枚ていねいに画像軽量化するなら最高のツール!

新しい画像軽量化ツールが登場しましたね!Googleから登場した「Squoosh (スクーシュ)」は、ブラウザから利用できる画像軽量化ツールです。これ、本当に高機能なツールです。

まずは使ってみた感じをレポートします。

ブラウザからアクセスして、画像をドラッグアンドドロップするだけ!

2018-11-15-squoosh-ogp.jpgSquooshのトップページ。とってもシンプル。

まずは、以下のURLにアクセスしましょう。

画面が表示されたら、軽量化したい画像をドラッグアンドドロップでブラウザにいれます。

2018-11-15-squoosh-02.jpg画像をドラッグアンドドロップしたところ。

画像を入れると、上のような画面表示になります。左側がオリジナル画像、右側が処理した画像になります。右側の操作パネルに、いろいろな設定情報があります。「Compress」には、PNGやWebPに変換したりすることもできます。「Resize」にチェックを入れると、サイズ変更まで可能です。アスペクト比を保ったままのリサイズもできますし、簡単な画像操作ができちゃいます。Photoshopでちょこっとする作業なら、これだけで出来ちゃうかもしれません。

軽量化できる圧縮方法は、以下の中から選ぶことができます。Browser系の処理が何かは気になりますね。

  • OptiPNG
  • MozJPEG
  • WebP
  • Browser PNG
  • Browser JPEG
  • Browser WebP

2018-11-15-squoosh-03.jpgAdvanced Settingsはかなりマニアックな設定変更が可能。

Advanced Settingsには、チャンネル周りやプログレッシブへの変更など、かなりマニアックな設定が並びます。処理エンジンも、そのうち「ImageMagick」以外が選択できるようになるかもしれません。

ここがすごい!左右で異なる画像処理結果を比較できる!

2018-11-15-squoosh-04.jpg右側をJPGのまま軽量化、左側をWebPにして比較。スライダーで比較ができるのでわかりやすい。

今回さわってみて一番感動したのは、左右で異なる処理をしたものを比較できるところです。Photoshopの「Web用に書き出し」で登場する複数のパネルのように、異なる処理結果を「拡大して」比較することができるんです。これ、画質にこだわる人には納得できる機能ではないでしょうか?

2018-11-15-squoosh-05.jpg478%拡大してスライダーを動かして画質チェック。

等倍では変化が見えなくても、拡大すると変化が見えるようになります。上記の画像では、赤い実のテカリ感が大きく異なります。画像によってブロックノイズが出やすい箇所なども異なるので、玄人の方はぜひぜひチェックしてみてください!

大量の画像を自動で処理したい!

Google Squooshは、一枚一枚の画像を入念にチェックして処理するのに向いています。でも、ECサイトやある程度の規模のウェブサイトになると、手作業で処理するのは非常に時間がかかってしまいます。そんな時は、TinyPNGを使いましょう。一度に20枚まで処理することが可能です。画質は比較的大きくさがることが多いので、処理後の画質はしっかりチェックしてくださいね。

画像軽量化をもっと自動で処理したい!自動化したい!

一週間に画像が1,000枚以上追加される、販促バナーやメルマガをたくさん作る、というようなケースは、弊社の画像軽量化ツールLightFileをご利用ください。「画質そのまま、しっかり軽量化、自動化でラクラク」という3つの特徴をもっていて、アパレルECなどにおおく導入されています。Google Sqooshと同様に、画質にこだわったツールですので、「画質を下げたくない!でも、軽くしたい!」という方にオススメです!

JPGの軽量化は、LightFile | 画像最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。

簡単にチェックできる LightFile シミュレータも公開していますので、どのくらい効果が出るのか簡単にチェックできます。

LightFile Simulator β版

LightFile Simulator β版

無料で使える画像最適化チェックシミュレータ。チェック結果がレポートになるので、URLを共有すればみんなでみれる。

枚数は少ないけど、自動で処理したい!という方には、LightFile for Dropbox版がオススメ。Dropboxを利用している方なら、こちらを無料で利用いただくとよいです(プレビュー版)。

LightFile for Dropbox

LightFile for Dropbox

Dropboxと連携して、AIが画像を最適化! 30,000ファイル 340GBを、なんとたったの 20GB に!

最後に

いかがでしたでしょうか。Googleは画像のエンコーダを公開していたり、WebPを開発したり、インターネットの表示高速化技術に非常に貢献している企業です。検索としてはすでにスタンダードですが、表示高速化技術についても群を抜いている感があります。今後も新しい技術をどんどん開発してほしいですね!

では!

参考URL

英語ですが、発表時のセッションです。30分くらいありますが、なかなか楽しいです。

LightFileを試してみたい!という方は、まずはこちらのフォームからどうぞ!

リクエストはこちらから

前へ前へ

100ユーザー突破!ストレージの節約には #LightFile for Dropbox がオススメ!現在93%以上の削減率を達成しています!

次へ次へ

Google スピードアップデートがもたらした 画像軽量化と画像転送量の大幅な削減。SEOが絡むと多くの人がその対応を行う。