[PR] Googleが開発した新しい画像フォーマット WebP (ウェッピー)、WebP導入シュミレータで今すぐチェック!

WebPと従来の画像を正しく振り分ける.htaccessファイル

ページまるごとWebP変換・効果測定と一括ダウンロードWeb担当者Forumで紹介されて利用者増加中です。

このツールでWebPファイルを一括ダウンロードすると、.htaccessファイルがおまけで付いてきます。これはWebPと従来の画像を振り分ける働きをします。

手順については、ページの画像をまるごとWebP変換してPageSpeed Insightsスコアを今すぐ改善するチュートリアルで詳しく紹介しているのでそちらをご覧ください。

この記事は「その.htaccessファイル中身どうなってるの? 変な影響でないの?」と気になる方に向けて書いています。

従来のフォーマットとWebPは当面共存が必要

従来の画像を完全にWebPに置き換えてしまう(従来の画像は消してしまう)という方法は、非対応ブラウザが多い今は現実的ではありません。

Androidの専用のPWAアプリとかなら別ですが...

そこでメインは従来の画像フォーマット(Jpeg、PNG、GIF)で用意しつつ、対応するブラウザには軽いWebPを配信するというプログレッシブ・エンハンスメントにより共存する方法が今は一般的です。

.htaccessによる振り分け

.htaccessファイルはWebサーバ(Apache)の挙動をカスタマイズする最も手軽な方法です。

WebPファイル共存のためのカスタマイズはシンプルで、「ブラウザがWebPに対応していて、かつ、WebP変換されたファイルがあればブラウザにWebPを返す設定」だけです。

加えて「.webpファイルへの直接アクセスに対するContent-Typeの設定」と、「画像ファイルにはVary: Acceptヘッダを付与する設定」という補助的なカスタマイズも行っていますが、Vary: Acceptヘッダの付与はCDNを考慮したものなので多くのWebサーバーではなくても構いません。

# WebP対応ブラウザかつWebPファイルがあればWebPファイルを返す設定
<IfModule mod_rewrite.c>
  # Rewriteモジュールを有効にする
  RewriteEngine On

  # WebP対応ブラウザはAcceptリクエストヘッダにimage/webpを含む慣例
  # その場合のみ後続のRewriteRuleを適用する
  RewriteCond %{HTTP_ACCEPT} image/webp

  # 対応するWebP版のファイルがある場合のみ後続のRewriteRuleを適用する
  RewriteCond %{SCRIPT_FILENAME}.webp -f

  # *.jpg、*.png、*.gifファイルを*.webpファイルに内部的にルーティングする(ルーティング先は$0.webpでも可)
  # Content-Typeはimage/webpにする
  RewriteRule .(jpe?g|png|gif)$ %{SCRIPT_FILENAME}.webp [T=image/webp]
</IfModule>

# 拡張子.webpファイルへの直接アクセスにはContent-Typeとしてimage/webpを返す設定
<IfModule mod_mime.c>
  AddType image/webp .webp
</IfModule>

# WebPファイルがあるかもしれない画像へのリクエストは全てVary: Acceptレスポンスヘッダを返す設定(CDN対策)
# Headerディレクティブ単独ではできないのでSetEnvIfディレクティブとの組み合わせで実現する
<IfModule mod_setenvif.c>
  SetEnvIf Request_URI "\.(jpe?g|png|gif)$" _image_request
</IfModule>

<IfModule mod_headers.c>
  Header append Vary Accept env=_image_request
</IfModule>

このテーマについてはQiitaで以前の記事を書きました。より詳しくは.htaccessによるWebPの選択的レスポンスとその問題点と改善案をご覧ください。

nginxとAmazon S3についても記事がありますのでご参考ください。

前へ前へ

WebP画像を目立たせるChrome拡張機能 WebP Highlighter

次へ次へ

WebPの意外な事例: Wikipedia