画像最適化処理はシステムにまかせて自動化!作業フローを変えずに確実に最適化しましょう。

こんにちは。ディレクターの菊池です。

LightFileのご相談時に、お客様とそもそもの作業フローのお悩みについてお聞きすることがあるのですが、

よくある現場でのお悩み

  • 担当者が忙しくて作業漏れがでてしまう
  • 作業フローがコンテンツによって異なる
  • コンテンツによっては作業者が社内外に複数いるためレギュレーションが統一できていない
  • 最終チェック時に読み込み速度をPC/スマホで確認できていない
  • 業務改善、システム構成見直しなどの時間とお金が無い

などなど、現場の忙しさと複数人での運用がかさなりなかなか統一した管理ができておらず最適化されている画像とそうでない画像が混在してしまっているケースがあるということでした。

一般的な作業フロー

workflow_img.jpg

もちろん、現状の運用のままで「スマホ表示の高速化」をするのであればCDNの導入などシステムの導入で対応は可能ですが、根本の解決にはなっていません。

作業フローとあわせて、システム構成を再検討するにはなかなかの時間とお金がかかってしまいますし、口酸っぱく言っても作業者ごとに使っている画像軽量化ツールも違う場合もあります。

LightFileはそんな現場でのお悩みに

  1. 作業者の負担とならないように作業フローは変えず
  2. 大規模なシステム構成の変更とならないように
  3. コンテンツが増えても定額費用

という形でサービスを提供させていただいております。

どうしても業務改善やシステム構成の変更などには時間がかかってしまいすので、

まずはLightFileを導入する!

からお試しをいただき、さらなる改善にじっくり注力をしていただければと思います。

現状での削減効果はページ単位で確認できますので是非LightFileのシミュレータでお試しください。

LightFile Simulator β版
https://simulator.lightfile.net/

シミュレータの詳しい使い方はコチラの記事を参照ください!
LightFileシミュレータβ版公開してます!

その他、とりあえず相談したい!って段階からでも問題ありませんのでお問合せください!

LightFile お問合せフォーム

それではっ

前へ

画質が悪い?JPGがパキッっとした画像に向いていないのは、どうしてなのか?画像の特性を知れば解決策が見えてくる!

次へ

月刊アイデアマンズブログ 2018年3月の人気ブログ記事は?画像最適化がチェックできる無料のLightFileシミュレータがテスト公開中!