Core Web Vitalsの推移をひと目でチェック! Googleデータポータル無料レポートを公開

Core Web Vitalsの推移が見たい!

2021年からGoogleの検索順位に影響すると言われている Core Web Vitals は、実際に測定されたユーザーにとっての軽快さとSEOという、実利を兼ね備えた指標として注目に値します。

しかし改善に取り組もうとしたとき、時系列での変化を確認できるレポートツールがないことが不満でした。以前、Google謹製のレポートを紹介しましたが、各指標の時系列でひと目で見ることはできません。

そこでCore Web VitalsのデータソースであるChrome UX Reportを用いたGoogleデータポータルのレポートを作ってみました。好きなドメインのCore Web Vitals + おまけ指標の推移が1ページでわかります。

web-vitals-history.png

使い方

次のURLを開いてください。

Web Vital History v1 を開く

とりあえずこのブログのデータが表示されます。

対象サイトを変更するには、レポート右上のEnter origin URL:にドメインを入力してEnterキーを押します。

switch-domain.png

データの更新に数秒〜十数秒かかります。Chrome UX Reportはパブリックデータなので、自社のデータでなくても表示できます。ただし、十分なサンプルデータがないサイト(アクセスが少ないサイト)については表示されないことがあります。

例えばトヨタ自動車を例にするとこんな感じです。

web-vitals-history-toyota.png

Chrome UX Reportのアーカイブデータは、ドメイン単位に集約されています。なので https://www.ideamans.com/lighthouse/ といったパス付きのURLは閲覧できません。 https://www.ideamans.com とドメインまでを入力してください。

直近約1ヶ月のデータは Chrome UX Report APIPageSpeed Insights のフィールドデータとして確認できます。

期間とデバイスの絞り込み

右上のプルダウンで対象期間とデバイスを変更できます。

terms-and-device.png

このテンプレートを販売します!

以上、対象ドメインの変更と条件の絞り込みまでは無料でご利用いただけますが、カスタマイズしてビジネスに活かしたい企業向けにコピーを販売したいと思います。

  • 複製レポートを作成してフルアクセス権限を付与します。
  • 著作権表示などは不要です。自社の独自レポートとしてお客さんへの説明、提案、再販などにお使いいただけます。
  • Core Web Vitals、Googleデータポータルなどの使い方の質問にはメール、MTGなど手段を問わずお答えできません。
  • 本レポートの仕様についても質問には回答できません(編集ビューで開けばすべて分かります)。
  • カスタマイズなど変更作業は行いません。
  • レポートは今後変更する可能性がありますが、バージョンアップのサポートも行いません。

上記ご理解の上、それでもご興味のある方は記事末尾の問い合わせフォームからご連絡ください!

メール無料相談

お聞きになりたいことはありませんか? この記事の筆者 代表取締役 宮永 がまずはメールで疑問やお悩みを伺います! フォームよりお気軽にお寄せください。

前へ前へ

「画像できるだけ軽くして!」曖昧な指示はもうやめよう・具体的な基準のために統計的に考える画像の軽さ