[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

競合サイトを分析できるサービス・ツールまとめ(2018年6月版)

こんにちは!
ディレクターの菊池です。

サイトの改善/改修をしよう!となった際に、現状の把握できている課題と合わせて競合他社サイトの調査もおこなって参考にしているかと思いますが、その際に活用できる、他社サイトを(勝手に)分析できるサービスやツールなどを紹介したいと思います。

SimilarWeb

はい、定番のサービスですね。無料で使える機能でも充分なほどで「競合サイト調査」というワードであれば目にしないことはないサービスかと思います。
比較サイト数は5サイトまでで業界別のデータからアプリの競合調査もおこなえるので、まずは無料版でためしたことがある人も多いのではないでしょうか。ブラウザの拡張機能もあったりと簡単に調べられる機能を揃えてくれているのもディレクターとしては嬉しい部分です。

SimilarWeb(機能一覧)

eMark+

こちらもPCサイトを対象であればサイトランキングや流入分析などは無料版からあるようです。指定できるサイト数は5サイトまでとSimilarWebと同じですが、別途提供されているサービスと組み合わせて自社の特徴にあわせた調査結果をレポートできるようです。

eMark+

Alexa

以前はデータソースが独自すぎてレポートもあまりよろしくなかったようなのですが、最近は便利になっているんでしょうかね。ちょっと情報もすくなく追えていなかったりするのですが、まだサービスは継続しているようなのでこの機会に使ってみようかと思います。

Alexa

まとめ

あらためて調べてみましたが、マーケティングやSEO担当にむけての機能として充実していて、その部分では過去のたくさんのデータと独特な機能を必要とするため老舗のサービスがまだまだ便利で強いようでした。競合レポート部分やトレンドに対してのアクションなどは各社のノウハウの部分もおおきいか

載せられなかったサービス(ツール)や無料プランでも試せそうな部分があったのでまた使って公開できる内容があったらまとめたいと思います。

最後に、弊社でもまだ公開できておりませんがGoogleのサイト分析ツールのLighthouseをベースとした新しい分析サービスを開発中です。(もちろん競合サイトの分析、比較レポートも提供させていただきます)

もう少しで公開できるかと思いますので是非ご期待ください!

参考

>実録Lighthouseのスコア改善〜Performance(ユーザー待ち時間)編
https://blog.ideamans.com/2018/06/lighthouse-performance.html


>Lighthouseについて
Google I/Oで発表されたLighthouse3.0は、非常に便利なウェブページのチェックツール。表示高速化を考えている方は一度試してみよう。
https://blog.ideamans.com/2018/05/lighthouse3.html


それではっ!

前へ前へ

メディアサイトは84%が対応済み!Lighthouseで調べたモバイルフレンドリーなサイトの割合

次へ次へ

Retinaディスプレイに合わせるには、解像度はいくつがいい?画像最適化するなら解像度も理解しよう!