[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

カメラの機種名や撮影場所のGPSデータを確認しよう!画像のメタデータは、exiftoolでかんたんに確認できます!

紅葉が美しい季節になりましたね!今年はどこに紅葉の写真を撮りに行こうか迷っています。駒込の六義園のライトアップは、都内にありつつも穴場スポットでいいですよね!小石川後楽園なんかもオススメです。

RIMG1488.JPG先日、子どもたちの水泳の大会で栃木県に行ってきました!その時に撮影したものです。まだまだ色づきが少なく、あと2〜3週間したらちょうど良さそうですね。

RIMG1484.JPG

今回のメタデータ確認に利用したのは、上の写真です。元画像は、下のリンクからダウンロードください。撮影は、RICHO(Pentax)のWG-20で、マクロで撮影しました。このカメラは落としても水に入れてもだいたい大丈夫なので、子どもたちに渡しても壊される心配がありません。レンズが出てこないタイプなので、砂で壊れるってこともほぼない。いいカメラです。

画像にはメタデータがある

今回は画像データに付与されているメタデータについて、その確認方法を含めて確認していきます。メタデータという言葉に馴染みがない方も多いと思いますので、まずはメタデータの説明をWikipediaで調べてみましょう。

メタデータ(metadata)、メタ情報とは、メタなデータ、すなわちデータについてのデータという意味で、あるデータが付随して持つそのデータ自身についての付加的なデータを指す。

データのためのデータ、補足情報がわかりやすそうですね。

今回は画像データのメタデータを確認していきます。いちばん有名なのは、Exif(Exchangeable image file format)です。

Exif情報とは

Exif情報について、こちらもWikipediaから調べてみましょう。

Exchangeable image file format(エクスチェンジャブル・イメージ・ファイル・フォーマット)は、富士フイルムが開発し、当時の日本電子工業振興協会 (JEIDA)で規格化された、写真用のメタデータを含む画像ファイルフォーマット。デジタルカメラの画像の保存に使われる。略称はExifで「エグジフ」(もしくは「イグジフ」)。
カメラの機種や撮影時の条件情報を画像に埋め込んでいて、ビューワやフォトレタッチソフトなどで応用することができる。Exif2.2ではExif Printという規格を組み込んでおり、撮影時の条件情報を元に自動的に最適化を行って、的確な状態でプリント出力を可能にしている。また撮影者や著作権情報、コメントなど付随することが出来る。
対応画像形式はJPEG、TIFF、JPEG XR(HD Photo)。

富士フイルムが開発したというところで、日本人には馴染みやすい印象があります。読み方も「イグジフ」とのこと。今まで「イクシフ」ってよんでました、間違ってた。

exiftoolでExif情報を確認しよう

OS標準ではExif情報を一覧で見ることができません。Macのプレビュー.appなどでもGUIで情報を見ることができますが、一覧でごっそり見るほうが確認しやすいし、コピペもできるのでツールを入れて確認していきます。MacでHomebrewがインストールされていれば、簡単にインストールすることができます。

$ brew install exiftool

インストールが開始されると、つらつらと以下の内容が流れます。

$ brew install exiftool
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> New Formulae
asciidoctor                       htslib                            keystone                          terraform_landscape
go-jira                           jabba                             ocaml-num                         ydcv
==> Updated Formulae
...

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/exiftool-10.55_1.sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring exiftool-10.55_1.sierra.bottle.tar.gz

これで無事にインストール完了です。

exiftoolを使ってみる

helpを見たんですが、果てしなく長いヘルプなので、内容は後述します。

使い方は簡単です。ピンポイントでオプションを指定してメタデータを確認するやり方と、まるっと全部出す方法があります。今回は、オプション指定しないでまるっと確認します。

$ exiftool /path/to/RIMG1484.JPG 

オプション指定なしです。GPS付きのデータではないのでGPSの情報は出てきませんでした。カラープロファイルのほか、カメラの機種など、露出値など、詳細なデータが表示されています。便利!

$ exiftool /path/to/RIMG1484.JPG 
ExifTool Version Number         : 10.55
File Name                       : RIMG1484.JPG
Directory                       : /path/to
File Size                       : 372 kB
File Modification Date/Time     : 2017:11:03 14:13:12+09:00
File Access Date/Time           : 2017:11:06 12:27:08+09:00
File Inode Change Date/Time     : 2017:11:06 12:26:35+09:00
File Permissions                : rwxrwxrwx
File Type                       : JPEG
File Type Extension             : jpg
MIME Type                       : image/jpeg
Exif Byte Order                 : Little-endian (Intel, II)
Make                            : RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
Camera Model Name               : RICOH WG-20
Orientation                     : Horizontal (normal)
X Resolution                    : 72
Y Resolution                    : 72
Resolution Unit                 : inches
Software                        : RICOH WG-20 Ver. 1.00
Modify Date                     : 2017:11:03 14:13:12
Y Cb Cr Positioning             : Co-sited
Exposure Time                   : 1/160
F Number                        : 3.8
Exif Version                    : 0230
Date/Time Original              : 2017:11:03 14:13:12
Create Date                     : 2017:11:03 14:13:12
Components Configuration        : Y, Cb, Cr, -
Compressed Bits Per Pixel       : 1
Max Aperture Value              : 3.9
Flash                           : Off, Did not fire
Focal Length                    : 6.1 mm
Pentax Version                  : 7.1.0.0
Pentax Model Type               : 2
Preview Image Size              : 640x480
Preview Image Length            : 37559
Preview Image Start             : 9876
Pentax Model ID                 : WG-20
Date                            : 2017:11:03
Time                            : 14:13:12
Quality                         : Good
Pentax Image Size               : 1920x1080
Picture Mode                    : Digital Microscope; 1
Flash Mode                      : Off, Did not fire
Focus Mode                      : Super Macro
AF Point Selected               : Auto
AF Points In Focus              : Center
Focus Position                  : 207
ISO                             : 80
Light Reading                   : 22
Exposure Compensation           : 0
Metering Mode                   : Multi-segment
Auto Bracketing                 : 0
White Balance                   : Auto
White Balance Mode              : Auto (Shade)
Blue Balance                    : 1.78515625
Red Balance                     : 1.78515625
Digital Zoom                    : 1
World Time Location             : Hometown
Hometown City                   : Tokyo
Destination City                : Tokyo
Hometown DST                    : No
Destination DST                 : No
DSP Firmware Version            : 1.00.00.00
Image Editing                   : None
Image Edit Count                : 0
Image Tone                      : Bright
Faces Detected                  : 0
Face Position                   : 0 0
Dynamic Range Expansion         : Off
Monochrome Toning               : None
Face Detect                     : On (32 faces max); 0 faces detected
Face Detect Frame Size          : 1920 1080
Shadow Correction               : Off
Data Dump                       : (Binary data 3316 bytes, use -b option to extract)
Flashpix Version                : 0100
Color Space                     : sRGB
Exif Image Width                : 1920
Exif Image Height               : 1080
Interoperability Index          : R98 - DCF basic file (sRGB)
Interoperability Version        : 0100
Custom Rendered                 : Normal
Exposure Mode                   : Auto
Digital Zoom Ratio              : 1
Focal Length In 35mm Format     : 34 mm
Scene Capture Type              : Standard
Contrast                        : Normal
Saturation                      : Normal
Sharpness                       : Normal
Subject Distance Range          : Macro
PrintIM Version                 : 0300
Compression                     : JPEG (old-style)
Thumbnail Offset                : 51464
Thumbnail Length                : 6670
Image Width                     : 1920
Image Height                    : 1080
Encoding Process                : Baseline DCT, Huffman coding
Bits Per Sample                 : 8
Color Components                : 3
Y Cb Cr Sub Sampling            : YCbCr4:2:2 (2 1)
Aperture                        : 3.8
Image Size                      : 1920x1080
Megapixels                      : 2.1
Preview Image                   : (Binary data 37559 bytes, use -b option to extract)
Scale Factor To 35 mm Equivalent: 5.6
Shutter Speed                   : 1/160
Thumbnail Image                 : (Binary data 6670 bytes, use -b option to extract)
Circle Of Confusion             : 0.005 mm
Field Of View                   : 55.8 deg
Focal Length                    : 6.1 mm (35 mm equivalent: 34.0 mm)
Hyperfocal Distance             : 1.82 m
Light Value                     : 11.5

撮影した画像の日時や、ファイルタイプ、カメラのメーカー、機種名(ソフトウェア名)、F値、ファイルサイズ、撮影品質、また、画像の向きを示すOrientation など、かなりの情報量です!確認するのに、これだけの情報量があれば欲しいデータは見つけられるのではないでしょうか。

exiftoolを使ってみて

コマンドでの操作を敬遠される方も多いですが、操作方法はとてもカンタンです。GUIのアプリケーションは容量も圧迫しますし、なによりコピペが困難。exif情報を見る時は、自分でみることもあると思いますが、誰かに伝えたいときの多いはずです。そんな時、コピペできるというのは情報の精度を保つことができるのでとても重要だと考えています。

紅葉シーズンもまっただ中!自分が撮影した写真のexif情報を確認して、F値などをいろいろとかえたものを後から確認して見てはいかがでしょうか?

LightFile Coreを通してみると、Exif情報は追加と変更がある

弊社のJPGダイエット画像最適化ツール「LightFile Core」を利用すると、メタデータにも変化がありました。内容としては、追加されたもの、変更されたものです。数値に関しては、今回のファイルでexiftoolで実際に表示された内容となります。

追加されたもの

JFIF Version : 1.01

変更されたもの

File Size : 189 kB
Preview Image Start : 9928
File Modification Date/Time : 2017:11:07 14:25:03+09:00
File Access Date/Time : 2017:11:07 14:25:05+09:00
File Inode Change Date/Time : 2017:11:07 14:25:03+09:00
Preview Image Start : 9928
Thumbnail Offset : 51516
Encoding Process : Progressive DCT, Huffman coding
Y Cb Cr Sub Sampling : YCbCr4:2:0 (2 2)

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

JPGの最適化は、LightFile Core | 画像の最適化でページ表示を高速に!

自動でJPEGファイルを容量削減し、表示の高速化/転送量の削減を実現します。

最後に、exiftool --help の中身

ヘルプの一覧を記載しておきます。メチャメチャ長いです。。。

$ exiftool --help

EXIFTOOL(1)           User Contributed Perl Documentation          EXIFTOOL(1)



NAME
       exiftool - Read and write meta information in files

SYNOPSIS
   Reading
       exiftool [OPTIONS] [-TAG...] [--TAG...] FILE...

   Writing
       exiftool [OPTIONS] -TAG[+-<]=[VALUE]... FILE...

   Copying
       exiftool [OPTIONS] -tagsFromFile SRCFILE [-SRCTAG[>DSTTAG]...] FILE...

   Other
       exiftool [ -ver | -list[w|f|r|wf|g[NUM]|d|x] ]

       For specific examples, see the EXAMPLES sections below.

       This documentation is displayed if exiftool is run without an input
       FILE when one is expected.

DESCRIPTION
       A command-line interface to Image::ExifTool, used for reading and
       writing meta information in a variety of file types.  FILE is one or
       more source file names, directory names, or "-" for the standard input.
       Metadata is read from source files and printed in readable form to the
       console (or written to output text files with -w).

       To write or delete metadata, tag values are assigned using the
       -TAG=[VALUE] syntax, or the -geotag option.  To copy or move metadata,
       the -tagsFromFile feature is used.  By default the original files are
       preserved with "_original" appended to their names -- be sure to verify
       that the new files are OK before erasing the originals.  Once in write
       mode, exiftool will ignore any read-specific options.

       Note:  If FILE is a directory name then only supported file types in
       the directory are processed (in write mode only writable types are
       processed).  However, files may be specified by name, or the -ext
       option may be used to force processing of files with any extension.
       Hidden files in the directory are also processed.  Adding the -r option
       causes subdirectories to be processed recursively, but those with names
       beginning with "." are skipped unless -r. is used.

       Below is a list of file types and meta information formats currently
       supported by ExifTool (r = read, w = write, c = create):

         File Types
         ------------+-------------+-------------+-------------+------------
         3FR   r     | DV    r     | JSON  r     | ODT   r     | RIFF  r
         3G2   r/w   | DVB   r/w   | K25   r     | OFR   r     | RSRC  r
         3GP   r/w   | DYLIB r     | KDC   r     | OGG   r     | RTF   r
         A     r     | EIP   r     | KEY   r     | OGV   r     | RW2   r/w
         AA    r     | EPS   r/w   | LA    r     | OPUS  r     | RWL   r/w
:

前へ前へ

CMSのランキングプラグイン厳選8種類と、Webサービス型のランクレット(#Ranklet)

次へ次へ

画像の色味が変わる?色空間は再現範囲が異なるから、Exif情報のColorまわりの項目には気をつけよう!