[PR] 大手アパレルECサイトが導入する月額1万円〜ファイル数無制限の画像軽量化ツール「LightFile」

WebP対応によりPageSpeed Insightsのスコアが5ポイント改善

先日、このブログコーポレートサイトの画像をWebPに対応しました。

その結果、PageSpeed InsightsとLighthouseのスコアが次のように改善されました。

PageSpeed Insights

モバイルスコアは改善がありませんでした。モバイルではWebP対応前から画像の最適ががされていると判定されたため、WebP対応が改善に繋がることはありませんでした。

WebP対応前WebP対応後
psi-blog-sp-before.png psi-blog-sp-after.png

PCスコアは70から75に改善されました。

WebP対応前WebP対応後
psi-blog-pc-before.png psi-blog-pc-after.png

WebP対応前は以下のように画像の最適化についての指摘がありましたが、WebPに対応したところこれが表示されなくなりました。画像の分、5ポイント改善されたと解釈することができます。

WebP対応前WebP対応後
psi-blog-before-images.png 画像についての指摘なし

Lighthouse

ついでにLightouseも試してみました。

パフォーマンススコアが46から49に3ポイント改善されましたが、LighthouseはクライアントPC上で実行するため、実行したときでタイミングがまちまちなので、単発での結果はあまり信憑性がありません。

画像の監査項目の指摘事項は大幅に削減されたことは確認できます。

WebP対応前WebP対応後
lighthouse-blog-before.png lighthouse-blog-after.png
WebP対応前WebP対応後
lighthouse-blog-before-images.png lighthouse-blog-after-images.png

前へ

表示高速化の第一歩に画像の軽量化を勧める6つの理由

次へ

[限定3社] Movable Type事例キャンペーンで、画像軽量化ツールの「LightFile」がお得にご利用いただけます!スマホ表示の遅さにお悩みの方はチャンス!